桜丘高校サッカー部のストロングポイント

桜丘高校サッカー部は、恵まれた施設環境(ナイター設備、トレーニングルーム等)を活かし、高い目標掲げて日々努力を重ねています。ここでは、桜高サッカー部だからこそ得られるもの、経験できることをピックアップして紹介します。 

 

①熱心な指導態勢

監督を始め、多くのスタッフがそれぞれ専門的な指導を熱心に行っています。充実した指導態勢で部員達の成長をバックアップします。

 

②恵まれた環境

冬でもグラウンド練習を可能にするナイター設備、フィジカル面の強化を図れるトレーニングルーム、ビデオ分析等で使用できるミーティングルームなどサッカーに取り組む環境が整っています。

 

▽詳しく見る

 

③一人一人が主役

部員の一人一人が年間約100試合のゲームを経験します(実績)。得点・アシストやパスの成功率などの試合データ、フィジカルデータの蓄積およびフィードバック、個人ファイルや個人カルテなど、チームの中で誰もがサッカー部員として主役になれる環境があります。  

④味わえる様々な経験

毎日の練習や試合の他に、様々な企画を実施して充実した部活動になるよう努力しています。

<実施例(実績)>
横浜FCのホームゲーム運営サポートボランティア

中高交流試合、少年サッカー指導体験

新横浜ウォークラリー、大山登山

OB交流戦(夏季、冬季)、卒業生を送る会

個人トレーニング週間、フィジカル強化月間

パフォーマンス心理分析、ミーティング週間

新横浜ウォークラリー、大山登山、本校文化祭でのキックターゲットの出展 など

 

▽詳しく見る

⑤文武両道(進路実績)

横浜市立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、中央大学、東京理科大学、青山学院大学、法政大学、明治大学、順天堂大学、消防士、鍼灸専門学校など様々な進路へ力強く進んでいます。(過去7年間現役合格)

 

▽詳しく見る