このページでは、桜丘高校サッカー部の行った社会貢献活動について紹介していきたいと思います!

被災地支援プロジェクト2017活動報告 8/16〜18(保土ヶ谷公園)

 桜丘高校サッカー部主催で保土ヶ谷公園の全面協力のもと、「被災地支援プロジェクト2017」を3日間行いました。

 宮城より七ヶ浜FCを招待し、横浜市内のジュニアユースチームとの試合を運営するものです。今年は桜丘高校1年生も試合を行いました。

 2日目には桜丘高校サッカー部保護者会が焼そば、焼きもろこし、スイカを昼食時に準備くださいました。スイカ割りを特別ルールで部員が七ヶ浜FCの選手と行い、盛り上がるイベントとなりました。

 この大会運営を通して、サッカーでの繋がりやサッカーのできる喜び、感謝する気持ちをより一層深め、今後の部活動に生かしていければと思っています。

 「保土ヶ谷サッカーフェスタ2017」の募金活動で集まった¥19,797を七ヶ浜FCに遠征補助費としてお渡しいたしました。ご報告します。

2月19日(日)「保土ヶ谷サッカーフェスタ2017」開催しました

 桜丘高校サッカー部主催で保土ヶ谷公園の全面協力のもと、「保土ヶ谷サッカーフェスタ2017」を行いました。内容は小学生の試合、高校生の試合、社会人の試合、ふれあい芝体験(サッカーボウリングやリフティング大会等)を保土ヶ谷公園サッカー場で1日運営するものです。

 当日は、地元横浜の少年から社会人までの年代のサッカーチームが集まり、桜丘高校の隣にある素晴らしい保土ヶ谷サッカー場の芝生の上で、サッカーを通して交流を深める場となりました。子どもから大人まで楽しめる場の設定、コミュニケーションを上手に取る方法などサッカー部にとってとても勉強となる1日となりました。これらの活動を通じて、桜丘高校サッカー部が飛躍できるチームとなるよう今後も頑張って取り組んでいきたいと思います。

 また、当日の募金活動のご協力もありがとうございました。ご報告も重ねてさせていただきます。

2017募金報告.pdf
PDFファイル 121.7 KB